カンテレイベント

カンテレイベント-コンペティション


フィンランドで開催されるカンテレコンペティション(Kantelekilpailu/Kantele Conpetision)は、2年に1度、ソロとアンサンブルとを交互に開催されます。例えば、2015年はソロの年でしたので、2017年はアンサンブルの年となります。


2011年よりその名称を「国際カンテレコンペティション(Kansainvälinen kantelekilpailu)」と改め、カンテレとルーツを同じとする類似楽器での参加も可能となりました。第1回目の国際大会へはエストニア、ラトビア、カレリア共和国などからもそれぞれの国に伝わる楽器を携えた奏者たちが多く参加し、その音色を披露しました。


出場を志すのはもちろん、聴きに行くだけでも一見の価値があります。多くのカンテレ奏者・愛好家たちが揃うこの機会、様々な人の音色を聴くことで多くのことを学ぶことが出来ますし、カンテレ仲間との交流も楽しめます。
また、会場には各カンテレメーカーによる楽器の展示・販売や、カンテレ関係の書籍・楽譜・CDの販売も行われています。


2017/01/10 NEW2017年のカンテレコンペティションに関する情報更新
第4回 国際カンテレコンペティション
日程:2017年5月5~7日
開催地:カウスティネン(Kaustinen)
>>詳細

部門・カテゴリー コンペティションは基本的に以下の部門、カテゴリーに分かれていますが、参加人数等によって若干の変更がある場合もあります。

・ジュニア部門
  未就学児~小学生
  カテゴリー:未就学児~小学2年生、3~4年生、5~6年生

・ユース部門
  中学生
  カテゴリー:民族音楽、芸術音楽、その他音楽

・一般部門
  高校生以上~
  カテゴリー:民族音楽、芸術音楽、その他音楽
  カンテレを専攻として音楽学校に在籍/卒業していないこと

・プロフェッショナル部門
  高校生以上~
  カテゴリー:民族音楽、芸術音楽、その他音楽
  カンテレを専攻として音楽学校に在籍/卒業した者

開催地 開催地は毎回異なりますが、カンテレを学べる音楽学校があり設備が充実していることが前提条件となるため、主要都市での開催が多いようです。
スケジュール 出場者の演奏・選考は土日にかけて本選のみで行われます。金曜の夜にプレイベントとして、カンテレ奏者による演奏会が催されることもあります。また、開催期間中にもイベントやコンサートが企画されることもあります。
そして最終日の夕方、各部門・カテゴリーにおける審査員による講評と賞の発表・表彰、受賞者等によるファイナルコンサートが行われます。
審査 各部門・カテゴリーごとに3名程の審査員が配置され、彼らの審査を受けて各受賞者、ファイナルコンサートの出場者を選出します。アンサンブルの場合、審査対象となるのはカンテレのみです。
審査員に就くのは、そのジャンルで活動している奏者や指導者、作曲家や音楽家、会場となる音楽学校の先生方等です。コンペティション終了後には、出場者全員に講評が渡されます。
表彰 各部門・カテゴリーごとにそれぞれ1、2、3位が選ばれます。
同立を認めているため、1、2、3位それぞれに複数人選ばれることもあります。
また、審査員特別賞、スポンサー等による特別賞(副賞賞金)、その他各カンテレメーカーやスタジオからの特別賞などもあります。
出場を検討する場合 募集要項は、前年度末あたりにフィンランドのカンテレ協会(Kanteleliitto)のHPにて発表されます。
・カンテレコンペティション
-Kansainvalinen kantelekilpailu(フィンランド語)
-International Kantele Competition(英語)

内容をよく確認し、出場部門・カテゴリーを決めましょう。また、規定に沿っていれば複数のカテゴリーに出場することも可能です。
持ち時間は部門ごとに定められています。演奏プログラムのうち、持ち時間の1/3以内であれば、他カテゴリーの曲を演奏することも可能です。
芸術音楽においては、以前は課題曲が指定されることもありましたが、ここ数年はありません。ただし、そのことが審査の難しさを助長させているため、課題曲の再導入が検討されているようです。

基本的には楽器、テーブル、椅子は参加者で用意することになります。ただし、テーブルや椅子は現地にあるものや他出場者のものを借用出来る可能性もあるので、申し込み時に相談してみましょう。
また、宿や食事、会場までの交通手段も自分たちで確保することになります。特に宿は他出場者との争奪戦になりかねませんので、早めに手配しましょう。

>>ページの上に戻る

カンテレイベント-キャンプ


毎年初夏の頃、フィンランド各地でカンテレキャンプが開催されています。
数日~2週間の決められた期間、カンテレのレッスン(個人/グループ)や楽器製作ワークショップ、フィンランドの伝統音楽に触れるプログラムなどを体験し、どっぷりとカンテレに浸れます。中には50年以上の伝統を誇るキャンプもあります。

著名なカンテレ奏者からレッスンを受け、カンテレを楽しむ仲間たちと交流するチャンス。参加すれば、きっとカンテレの魅力にますます取り付かれることでしょう。

募集要項は、前年度末あたりよりフィンランドのカンテレ協会(Kanteleliitto)のHPにて順次告知されていきます。


2017/01/19 NEW2017年のカンテレキャンプ情報をUPいたしました。(詳細未定)

イロマンツィ・カンテレキャンプ
Ilomantsin kanteleleiri
フィンランド東端、ロシアとの国境沿いにある町イロマンツィで行われる伝統あるカンテレキャンプで、5、10、15弦、大型と幅広いカンテレの実技クラスの他、ヨウヒッコや民謡合唱、楽器制作クラスといった多岐にわたるプログラムが用意され、子どもから大人までが自分に合ったクラスを選択でき、受講する内容に応じて受講料も変わります。

第45回イロマンツィ・カンテレキャンプ2017
カンテレキャンプ:2017年6月11日~18日
楽器製作コース:2017年6月11日~18日
場所:Pogostan学校(Ilomantsi)
詳細未定
関連リンク:フィンランド語
お問合せ:kanteleleiri.ilomantsi@gmail.com
ラハティ・カンテレキャンプ
Lahden kanteleleiri
ヘルシンキから北に100Kmほどの町、ラハティを中心に活動するカンテレオーケストラFin-kanteleet主催のカンテレキャンプ。クラスは大型カンテレのソロ、オーケストラ、5弦カンテレがあり、オーケストラと5弦カンテレはレベルに応じたグループに分けて実施されます。その他、追加で即興演奏クラス、楽器のお手入れ(弦の貼り替えやチューニング)クラスなども受講可能。

第43回ラハティ・カンテレキャンプ2017
期間:未定
詳細未定
お問合せ:Eevi Hölsä(eevi_holsa@hotmail.com)
ソンメロ国際カンテレキャンプ
SOMMELO International Kantele Course
フィンランド北東部に位置する町クフモは、室内音楽祭で有名な音楽の町。2008年よりソンメロ音楽祭の一環として国際カンテレキャンプが催されるようになり、国内外からの参加者がカンテレとの縁を深めています。カンテレクラスの他、伝統詩歌に触れ合うクラスや民謡合唱のクラスなども実施。

ソンメロ国際カンテレキャンプ2017
期間:未定
詳細未定
お問合せ:Emmi Kuittinen(emmi.kuittinen@runolaulu.fi)
WEBページ
マンツァラの週末
(小型カンテレクラス)
Pienkanteleviikonloppu
5弦を中心にカンテレで神秘的な世界観を表現するアルヤ・カスティネン(Arja Kastinen)による小型カンテレのクラス。楽器を人のように個性ある存在として尊重し、それぞれの楽器がもっとも響く音を見つけていくという独特のアプローチで、カンテレの魅力を最大限に引き出します。

マンツァラの週末2017
開催有無・詳細未定
お問合せ:Arja Kastinen(arja.kastinen@temps.fi)
WEBページ
イカーリネン・カンテレキャンプ
VESIMUSIIKKI & KITARAKESÄ
大人から子供までが参加し、楽しめるイカーリネンの音楽クラス。会場がスパ施設ということもあり、ゆったりと身体をくつろぎつつ音楽を楽しめます。

ヴェシムシーッキ&ギターの夏 第26回イカーリネン音楽クラス
期間:未定
詳細未定
お問合せ先:Aija-Riikka Rannanmäki(jussipek@ihmo.fi)
WEBページ


>>ページの上に戻る

カンテレイベント-音楽祭


初夏を中心に、多くの音楽祭が開催されるフィンランド。カンテレも至るところで大活躍します。
カンテレに触れ合える代表的な音楽祭を紹介します。
また、カンテレとルーツを同じとする楽器も、それぞれの国の音楽祭で触れることが出来ますよ。


【フィンランド】 2017/01/19 NEW2017年の音楽祭情報をUPいたしました。

第50回 カウスティネン民俗音楽祭
Kaustinen Folk Music Festival
開催日:2017年7月10日~16日
今年50周年を迎えるフィンランド民俗音楽の祭典、カウスティネン民俗音楽祭。音楽楽師ペリマンニたちから、学校で学んだ音楽家たち、一般の音楽愛好家までもがみんなで楽しむ1週間。
町のあちこちで毎日開催されるコンサートでは、カンテレにも出会えます。
カウスティネン民俗音楽祭 WEBページ
[Finland Festivals協会 詳細ページ]
ソンメロ民俗音楽フェスティバル
Sommelo folk music festival
開催日:2017年6月28日~7月2日
ソンメロ音楽祭の特徴は、フィンランドとカレリア共和国の両国で行われること。民族叙事詩『カレヴァラ(Kalevala)』をはじめとするルノラウル(伝統詩歌)がもっとも採取された地域で、古き新しき民俗音楽に出会うことができます。
2008年よりフェスティバルの一環として国際カンテレキャンプも開催されています。
ソンメロ民俗音楽フェスティバル WEBページ
[Finland Festivals協会 詳細ページ]
ハーパヴェシ民俗音楽祭
Haapavesi Folk Music Festival
開催日:2017年6月26日~7月1日
音楽の町ハーパヴェシで開催される音楽祭。民俗音楽にまつわるワークショップや講座が数多く行われ、身をもって様々な音楽を体感することができます。
ハーパヴェシ民俗音楽祭 WEBページ
[Finland Festivals協会 詳細ページ]
スペリット
Eteläpohjalaiset Spelit
開催日:2016年8月4日~8月6日
南ポホヨンマー地方の音楽祭。民俗音楽や舞踊、民謡といった様々なジャンルのコンクールなども実施されます。
カンテレが登場するかどうかは、各年のプログラムによりけり。
スペリット WEBページ
[Finland Festivals協会 詳細ページ]
ピスパラ・ショッティーシュダンス
Pispalan Sottiisi
開催日:2016年6月13日~17日
ショッティーシュを中心とした民俗舞踊の祭典。
ピスパラ・ショッティーシュダンス WEBページ
[Finland Festivals協会 詳細ページ]
フォークランディアクルーズ
Folklandia
開催日:2017年1月13日~14日
ヘルシンキ・タリン間のクルーズ船の中で夜通し行われる、民俗音楽やフォークダンスを愛するひとたちのための音楽イベント。
カンテレバンドも多く登場します。
フォークランディアクルーズ WEBページ
[Finland Festivals協会 詳細ページ]

※フィンランドの他の音楽祭に関してはFinland Festivals協会WEBページにて日本語で調べることができます


【フィンランド以外】

バルト三国「歌と踊りの祭典 」 エストニア・ラトビアでは5年に一度、リトアニアでは4年に一度開催される音楽の祭典。民族衣装に身を包んだ人々が、歌や演奏、ダンスでそれぞれの国を祝います。ユネスコの世界無形遺産にも登録されています。
【次回開催予定】
エストニア:2019年
ラトビア:2018年
リトアニア:2018年


>>ページの上に戻る

>>参考文献

>>本サイトに関して

inserted by FC2 system